日経ビジネススクール

日経ビジネススクール
引用元:日経ビジネススクール公式HP
https://school.nikkei.co.jp/

業界を問わず様々なビジネスパーソンが通う「日経ビジネススクール」の概要やセミナー内容についてまとめました。

日経ビジネススクールの特徴

日経ビジネススクールは「グローバルに変革と活力を生み出す人材の育成」を目的に設立されたビジネスパーソン向けのスクールです。ビジネススキルはもちろん、英語、テクノロジーといった分野のプログラムも提供。若手・中堅社員、管理職・次世代リーダー、会社役員・経営幹部といった具合に、キャリアステージごとにそれぞれに合った講座を用意しています。

「忙しくて時間がない」という方には、オンラインで学べる「Eラーニング」がおすすめ。日経ビジネススクールの講座が自宅でも職場でも受けられます。

日経ビジネススクールの
セミナー例・受講料

伝わる説明力(口頭・プレゼンなど)トレーニング

講座の内容

認知心理学の視点を加えながら、口頭で正しく自分の意図を伝えるスキルを紹介。発表・実習などがない講義中心の内容で、初心者でも安心して受けられます。

伝わる・通じる文章を書く5つの力

講座の内容

文書作成に苦手意識がある方に、おすすめしたい講座。取材力、説得力、論理力、伝達力、適応という5つの力に焦点を当て、相手にきちんと伝えるための文章力を養います。演習として報告書の作成も行います。

ドラッカーのマネジメントから紐解く・リーダーシップとコミュニケーション

講座の内容

ピーター・ドラッガーの経営学からマネジメントの本質を紐解き、チームとしてのあるべき姿を考える体験型のセミナー。組織の運営に悩んでいるリーダーたちにおすすめです。

※上記の講座は2018年11月に管理人が調査したものです。最新の講座情報はホームページからご確認ください。

管理人から見た日経ビジネススクール

日経新聞が主催しているとあって、信頼できるスクールと言えそうです。「伝わる説明力(口頭・プレゼンなど)トレーニング」など、個人的に受けてみたい講座がたくさんありました。ただ、受講料が軒並み3万円以上と高めなのがネック。自分の小遣いではそこまで捻出できないので、通うのは難しそうです。受けた人がいれば、ぜひ話を聞いてみたいですね。

忙しいビジネスパーソン必見!

読まなくても、見なくても、
参加しなくてもわかる!

すぐ使える

コミュニケーションスキル