部下との関係を良好にするコミュニケーションの取り方

会話をする上司と部下

ここでは部下との関係を良好にするためのコミュニケーション力アップ法を紹介しています。

なぜ部下とのコミュニケーションがうまくいかないのか?

部下にどう接したらいいかわからない

上司と部下という立場上、接し方は難しいです。特に年齢差があれば尚更でしょう。そして最近は何かと“パワハラ”が問題視されていることもあり、部下とどう接したらいいかわからなくなっている人も多いです。

部下が話しかけてこない

上司からすれば仕事や悩みについて報告や相談をしてくれれば、と思うこともあるでしょう。もしくは仕事以外でも気さくに話をしてくれれば、それに乗るのにという思いの方もいます。ですが、結局はなかなか部下が話しかけてこないために、うまくいかないのです。

つい怒ってしまう

基本である報告・連絡・相談を行わないために、仕事で失敗をしたとなると、上司とすれば「なぜもっと早く言わないのだ!」とつい怒りたくなってしまいます。結局、部下と話す時にはいつも怒っているようになってしまうこともあるでしょう。そのためなかなかコミュニケーションがうまくいきません。

部下とのコミュニケーションをうまくするコツ

部下が話しかけやすい雰囲気作り

部下が話しかけてこないのは、上司が話しかけにくい雰囲気を出しているからです。そのため、上司のほうから「仕事の進捗状態はどうだ」とか「疲れているじゃないか?」と気軽に話しかけてみましょう。

部下との時間を取る

仕事中はなかなか部下とコミュニケーションを取る時間がありません。そのために部下も報告・連絡・相談を怠ってしまうこともあります。ですので、ほんの10分でもいいので、仕事終わりに部下と話し合う時間を設けましょう。時にはノミニュケーションもいいかもしれません。

部下の失敗は責任を取る

部下に信頼されないと気軽に話しかけてきません。また、仕事を押し付けるという形ではなく、部下を信じることも大切です。それで失敗したらすべて上司が責任を取ってやる、という気持ちを持ちましょう。

部下を褒める、ねぎらう

仕事はやって当たり前と思うかもしれませんが、頑張った部下にはしっかり褒めて、労をねぎらいましょう。それだけで部下は自分の頑張りが認められたと感じます。

まとめ

部下との関係を良好にすれば、仕事の失敗も少なく、部下にとっても仕事がしやすい環境になるでしょう。会社のために上司もそう思うでしょうが、なかなか上司と部下という関係が溝を作ってしまいがちです。

特に近年はパワハラも問題になるので部下との接し方は難しいです。ただ、それでも上司のほうから心を開いていかないと、部下は話しかけにくくなってしまうでしょう。部下が変わるのではなく上司自ら変わる努力が必要です。

忙しいビジネスパーソン必見!

読まなくても、見なくても、
参加しなくてもわかる!

すぐ使える

コミュニケーションスキル