コミュニケーションスキル

コミュニケーション能力は、サービス業を円滑に行うために必須です。そのためコミュニケーションスキルを高めたいと考えている人は多いでしょう。ここではコミュニケーション能力・スキルを高めるための方法について紹介します。日頃から意識することで、徐々に無理なくコミュニケーションが取れるようになってきますよ。

代表的なコミュニケーションスキル

コミュニケーション能力・スキルを高めるための代表的な方法について紹介します。自分でやりやすい方法を試してくださいね。

傾聴

コミュニケーションの基本は、相手との会話のキャッチボールです。サービス業の場合、聞き役に回るようにしましょう。聞き役になるためには、相手が話しやすい雰囲気を作ることが重要。

しっかり傾聴を行うことで相手も話したくなると言われています。そのためには、まず相づちやオウム返しを意識してください。相手が何も反応を示さないと、話を聞いているのかどうかわかりません。話の合間に相づちをすることで相手も聞いてくれていると認識を高めることができます。さらに話の重要なワードに対し、オウム返しも効果的。オウム返しをすることで「共感してくれている」と相手は感じます。共感されることで、相手も話すのが楽しくなるでしょう。

ミラーリング・ペーシング

ペーシングとは感情や態度を相手のペースに合わせることです。そうすることで共感させやすくなり、好感を持ってもらえます。ペーシングの手段は主に3つ。動作・雰囲気・話し方です。ミラーリング・ペーシングは、その中でも動作を合わせることです。

鏡のように相手の動作・ボディランゲージを合わせましょう。ただし、あからさまに行うと逆効果になってしまいます。必ずさりげなく行うことを意識してください。たとえばコップを持つタイミングを合わせる、髪を触る動作を合わせるなど、タイミングをみながら行うようにしましょう。

ポジションチェンジ

ポジションチェンジとは、簡単に説明すると相手の立場になって考えるということです。自分のポジションや相手のポジション、第三者のポジションなど考え方や立場を変える事によって、物事の感じ方などの変化を体感することができると言われています。

手法としては頭で考える方法もありますが、他にも相手のポジションを共感できるように環境を変える、椅子に座ってゆっくり話し合うなどでもポジションチェンジは可能。ポジションチェンジを行うことによって、相手のことに対し理解を深めることができます。さらには固定観念を払拭する効果も期待できるため、一度試してくださいね。

キャリブレーション

キャリブレーションとは、一般的に「調整する」という意味で用いられています。コミュニケーションスキルの話をする上では、相手の表情や姿勢、仕草などのサインを観察することで、相手の心理状況を見極めるための手段のことです。

キャリブレーション能力を高めることによって、相手の感情変化を察知しやすくなり、状況にあったコミュニケーションが取れるようになってきます。その結果、人間関係を良好にする効果が期待できるでしょう。

まずはは相手の表情などを意識して読み取るようにしてください。日々表情や仕草などをチェックすること自然と相手の感情が理解できるようになります。

忙しいビジネスパーソン必見!

読まなくても、見なくても、
参加しなくてもわかる!

すぐ使える

コミュニケーションスキル